西宮労働基準協会

■ルールを守ろう!安全整備有効保持と作業開始前点検

●ルールを守ろう!安全整備有効保持と作業開始前点検
足場組立の後の点検及び作業開始前の点検が未実施であったため、作業構台の支柱(H型網)に接合されたブランケット足場とともに地価へ落下
業種:建設業 
被害休業3カ月 1人 不休1人
災害発生状況 
作業員Aは作業構台の支柱(H型網)に緊結金具(以下クランプという)を使用して設置されたブランケット足場上で作業構台の筋かい等の組立て作業を行っていたところ、支柱(H型網)からクランプが外れブランケットが外れたことにより、ブランケット上の鋼製作業床(長さ7m、幅56cm、重量193kg)とともに、3m下方の地面に墜落し負傷した。(右脛骨折、休業3カ月)また、落下した鋼製作業床が別の作業員に激突し、背部を打撲した。(不休)
災害発生原因
①クランプの締付けトルクが不足していたこと。
②作業を開始する前にクランプの締付け状態を点検しないで、ぶらんけっと足場を使用させたこと。
再発防止対策
①足場組立時にクランプの締付けトルクを確認する事
②足場を利用して作業を開始する前に、クランプのゆるみの状態を点検し、異常を認めた時は、直ちに補修すること。
 墜落防止用水平ネット(以下水平ネットという。)の作業開始前点検が未実施であったため、水平ネットとデッキプレートの隙間から段下に墜落
業種:建設業 
被害:休業1カ月 1人
 災害発生状況
作業員Aは、安全帯を使用せずデッキプレートを移動中、バランスを崩し墜落防止用水平ネット上に墜落した。水平ネットの一部分が吊クランプに設置されていなかったことから、水平ネットとデッキプレートの隙間から階下のフロアーに墜落し負傷した。(右足首骨折、休業1カ月)
なお、前日、資材の搬入で水平ネットの一部を取り外したものであったが、現状に復していなかったものであった。

災害発生原因
①安全帯を使用していなかったこと。
②資材の搬入後に水平ネットを現状に復していなかったこと。
③作業開始前に、水平ネットの設置状況を点検していなかったこと。
再発防止対策
①安全帯を使用すること。
②資材の搬入等で水平ネットの一部を取り外した場合、その必要がなくなったときは現状に復すこと。
③作業を開始する前に、水平ネットの設置状況を点検し、異常を認めた時は、直ちに補修すること。

入会のご案内
資格をとってプロになろう! 受講申込み 申し込み用紙ダウンロード 予約確認

ネットからの申し込みは予約申し込みとなります。予約完了後、お届けします「講習申込書」のご提出が必要となります。

フォークリフト運転技能講習 高所作業車運転技能講習 アーク溶接特別教育 玉掛け技能講習
■技能講習
フォークリフト運転技能講習
玉掛け技能講習
高所作業車運転技能講習
安全衛生推進者養成研修
■特別教育
アーク溶接
足場組立
自由研削といし
低圧電気
■その他
衛生管理者受験準備講習
安全管理者選任時研修
リスクアセスメント担当者研修
職長・安全衛生責任者教育
第2種衛生管理者受験準備講習会